【FX】サブディスプレイに大型4Kモニターをおすすめする理由【コスパが抜群です】

「モニター1つしかないから、複数チャートが同時に見れない」

「マルチモニターを導入したいけど、お金がかかる….場所もないし….」

そんなお悩みを解決します。


かけだしのFXトレーダーにとって、マルチモニター環境は1つの憧れですよね。

モニターを何枚も設置して、たくさんのチャートを同時にみる。

いかにも「FXトレーダー」って感じがします。

でも、モニターを何枚も設置しようとすると、最低でも10万円はかかります。

トレードを始めたばかりなのに、そんなお金はありません。

しかし、この記事で紹介する方法を使えば

「たった5万円で、モニター4枚分と同じトレード環境」

を作ることができます。

実際に私も導入している方法なので、メリット・デメリットも合わせて紹介します。

スポンサーリンク

マルチモニターの必要性

デスクトップパソコンがあまり売り場で見かけなくなった今、ノートパソコン1台でFXトレードを開始した方が多いのではないでしょうか?

ノートパソコンは持ち運べますし便利ですが、当然ながらモニターが1枚しかついていません。

チャートを複数開くとどうしても1つ1つのチャート画面が小さくなってしまいます。

↑13.5インチのモニターに表示させているので、1つ1つがとても小さい

チャート画面を都度切り替えればいいかもしれませんが、

「あっ、この通貨ペアでエントリーチャンスがあったけど見てなかった…」

なんて経験ありませんか?

そうなると導入したくなるのが”マルチモニター”ですよね。

同時に複数チャート画面を監視できれば、エントリーチャンスを逃すことありません。

また、チャートを表示させたまま、違うモニターでネットサーフィンなんてこともできます。

マルチモニターがあれば、トレード環境が一気に充実します。

マルチモニターの導入コスト

マルチモニターを導入するなら、それなりに機材をそろえる必要があります。

例えば、4枚のマルチモニターを導入するなら

  • デスクトップパソコン ×1台
  • モニター       ×4第

が最低でも必要になります。

出典:パソコン工房  https://www.pc-koubou.jp/

4面マルチモニターを導入する際のコスト

ざっくり見積もって、¥200,000は必要ですね。

デスクトップパソコン¥100,000
モニター4枚¥15,000×4
グラフィックボード¥40,000
¥200,000

通常のCPUでは最大2枚までのモニターにしか映像を映すことはできません。

モニターを3枚以上設置するなら、”グラフィックボード”は必須です。

 
みなみ
ノートパソコンはモニター2枚までしか映せません。
4枚以上映したいなら、デスクトップパソコンにしないといけないのです…

お金をかけずにモニター4枚相当の環境を構築した方法

結論として、「大型4Kテレビ」を使えば、モニター1枚でモニター4枚分に相当するトレード環境が構築できました。

次の写真は、実際の私のトレード環境です。

かかった費用は¥14万円です。デスクトップパソコンに比べて、6万円ほど安く済みました。

ノートパソコン¥100,000
43型4Kテレビ¥40,000
¥140,000

4Kテレビの画面は自由に分割できますので、レイアウトも自由自在です。

私の場合は、画面の1/3をチャート表示にして、残りをWebブラウザようにしています。

 
みなみ
「fitwin」というアプリを使えば、画面レイアウトが簡単にへんこうできますよ!

そのカラクリを解説

21.5型と43型のサイズを比較してみましょう。

画面サイズ画面横幅画面縦幅
21.5型約47cm約27cm
43型約95cm約53cm

サイズ的にも

21.5モニター×4枚 = 43型モニター×1枚

になっていますね。

イメージとしては次の画像の感じです。

”4K”が必要な理由

理由としては、解像度の問題があるからです。

主流になっているハイビジョンモニターの解像度は「1920×1080」です。

それに対して、4Kの解像度は「3860×2160」です。

これも、イメージとしては次の画像をみてください

つまり、ハイビジョンモニター4枚分の解像度を補うためには、”4K”モニターが必要なのです。

 
みなみ
解像度が荒いと、何が書いてあるのか見えなくなりますよ。

大型モニターのメリット・デメリット

メリット

  • コストを抑えることができる
  • モニター4枚に比べて、場所を取らない
  • 画面内を自由にレイアウトできる
  • 4Kテレビをモニター代わりにすれば、テレビが見れる

デメリット

  • 画面端の細かい部分が見えにくい
  • マウスカーソルの移動が大変

やっぱりコスパが良いのが最大のメリットですね。

浮いたお金をトレード資金にしたり、パソコンのスペックを上げるのに使えますよ。

 
みなみ
トレードしないときは、テレビをみるのも良いかと!

コスパが良いおすすめの4Kテレビ

テレビは高いものだと20万円以上しますが、パソコンモニターするのであれば5万円前後のもので十分です。

5万円前後で、なるべく機能が充実している4Kテレビをビックアップしましたので、参考にどうぞ。


①TCL 43型4K液晶テレビ

¥40,000以下となっていますので、安価に導入できます。

外付けHDDを接続すれば、録画もできますよ。


②Hisense 液晶テレビ 43F68E

ハイセンスのテレビはネット上でよく「コスパが良い!」と口コミを見かけます。

実際に家電量販店で実物を見てきましたが、国産テレビと変わらない綺麗さでした。


③4K液晶テレビ 43インチ アイリスオーヤマ

皆さんご存じの通り、アイリスオーヤマは安くて良い家電が多いことで有名なメーカーです。

元大手家電メーカー社員が集まった企業なので、ノウハウがそのまま受け継がれています。

日本のメーカーなので品質も信頼できますし、製品サポートも充実しています。


④Hisense 液晶テレビ 50F68E

こちらは50型です。

より多くのチャートを表示する場合や、チャートを大きく表示させたい場合に良いですね。”大は小を兼ねる”です。

これ以上大きいと、画面端が見えにくいので、大きくても50型までをおススメします。

まとめ

複数のチャートを同時に見れるようになると、トレードもだいぶやりやすくなります。

  • 複数の通貨ペアを同時に表示できる
  • 時間軸を変えて同じ通貨のチャートを監視できる
  • トレードチャンスを見逃さない
  • 上位足を見ながらエントリーできる

と、多くのメリットがあります。

「お金がないから」と、マルチモニター導入をあきらめていませんか?

お金をかけずにできる、”大型4Kモニター”の導入を検討してみてください。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!