【FX】相場が急騰・急落した時の戦い方【焦りは禁物です】

「レートが急騰・急落しているけど、怖くてエントリーできない」

「そもそも、なぜ急騰・急落は起こるの?」

今回はそんな疑問を持っている方へ向けた記事になります。

スポンサーリンク

この記事の内容

  • 急騰・急落のメカニズム
  • 急騰・急落後にどう動くべきか?

急騰・急落のメカニズム

結論から言うと、急騰・急落の正体は ”ロスカット(損切り)” です。

ロスカットをすると決めたら、多くの方は

なるべく損失が少ないうちに、できるだけ早く相場から逃げたい

と考えるのが普通です。

そうなってしまえば、レートはおかまいなしに決済注文をするので、かなり強烈な値動きになります。

それが急騰・急落を引き起こします。

では、そのロスカットはどのようにして発生するのでしょうか?

ロスカットが起こりやすい時間帯

相場を動かしているのは、大口の投機筋(ファンド)です。

となれば

大口のロスカット=急騰・急落

と考えられます。

では、大口のロスカットは何時起こるのか?

各市場のオープン直後は危ない

大口のロスカットは各市場のオープン時間に良く発生します。

特に、週末を挟んだ月曜のオープン直後には、前触れもなく突然急騰・急落が起こりやすいです。

メカニズムは以下の通りです。

①大口の想定とは逆の方向に相場が大きく動いてしまった
  ↓↓
②大口のそれまでの相場観が否定され、一晩もしくは週末にかけて考える
 ↓↓
③結果、ロスカットを決心して大きくポジションを投げる

東京・ロンドン・ニューヨーク市場のオープン直後に、前触れもなく急騰・急落が発生したら、上記を疑ってみてください。

※経済指標の発表や、要人発言があった場合は、該当しないかもしれません。

新規ポジションメイクではない

ポジションメイク(新規売買オーダー)では急騰・急落は発生しません。

ポジションメイクをする場合は、大口はできるだけレートを良くしたいと考えます

かつ、他の大口に”仕掛け”を悟られたくありません。

そのため、大口は静かに丁寧にポジションを作っていきます。

それとは反対に、ロスカットはできるだけ早くポジションを投げて、相場から逃げるものです。

その動きを見た他の大口が一気に連動するため、とてつもないパワーとなります。

最近発生した、急落相場のチャートです。

急騰・急落後のトレード戦略

①何もしない(静観)

乱高下している相場では、次にどちらに動くのか全く読めません。

ほとんどの場合ではレンジ相場を形成し、上にも下にも行かないような動きをしています。

これは、急騰・急落によって激しく売買された結果、ポジションの偏りのない状態になるためです。

その時点で相場に参加しているトレーダー達は、どちらにも行かないレートを見てだんまりを決め込むことも多いです。

相場に参加するのであれば、重要な高値・安値を抜けて、相場に方向感が出てきてからにしましょう。

②レンジの戦い方をする

「 方向感がない = レンジ相場 」となります。

これを利用し、レンジ相場の戦い方をするのはアリです。

急騰・急落が起こると、一気に相場参加者が増えるので、テクニカルが効きやすくなります。

水平線、ボリンジャーバンド、RSI、RCI、移動平均線などを用いて、レンジ相場の取引手法で戦ってみてください。

ただし、無理は禁物です。

相場に方向感がでてくれば、一気にその方向に行きやすくなります。

思惑とは逆に行ってしまった場合や、根拠が崩れてしまった場合は、さっさと逃げてしまいましょう。

まとめ

上手く急騰・急落に乗れれば大きな利益を得ることができますが、そのまた逆もあります。

急騰・急落する相場を見て参加したくなる気持ちは分かりますが、そこをグッとこらえることも重要です。

難しい相場を相手にすることはありませんので、 私たち個人トレーダーは、有利な方向についていけば良いのです。

参考書籍

この記事の参考にさせてもらった書籍です。

テクニカルではなく、相場が動く理由をメインに解説されているので、まだまだ知らかった知識が手に入ると思います。

気になった方はぜひ読んでみてください。

ガッツリ稼いで図太く生き残る! FX

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>相場の”声”を聞いてみませんか?

相場の”声”を聞いてみませんか?