FXでいちばん難しい『利食い』の攻略法【ビビらないことが大切】

『利食い』って、実はFXでいちばん難しいのです。


 
 
・利食いしてから、レートが伸びた!もう少し待てばよかった!悔しい!!
・含み益が減るのが怖くて、ビビッてすぐに利確してしまう…



そんなお悩みにお答えします。

「損切り」について書いてある本は多くありますが、「利食い」について書いてある本ってあまりないんですよね。

なので、今回は「利食い」について私が学んできたノウハウを紹介しようと思います。

前半では『利食いの考え方』について、後半では『利食いが上手くなる方法』について解説していきます。

スポンサーリンク

記事の内容

  • FXは「利食い」がいちばん難しい
  • 利食いが上手くなるFXトレード方法

FXは「利食い」がいちばん難しい


あたり前ですが、FXで利益を得るためには、エントリーした後に決済しないといけないですよね。
決済は、『利食い』か『損切り』かのどちらか2択です。

なるべく含み益が多い状態で、利食いをする



これが理想ですよね。
なので、利益がいちばん大きい状態になったら決済をすれば良いのです。

 
 
じゃあ、「利益がいちばん大きい状態」ってどこよ?


って思いますよね。

答えは、「誰にも分からない」です。

トレードをしていて、たまたま天井や大底で利食いをできることはありますよね。
すべてのトレードでそうできれば良いのですが、相場は気まぐれなので、いちばん利益が乗った状態で毎回利食いをするのは不可能です。

FXを勉強した人はそれを知っているので、

 
 
含み益が減る前に決済しないと!

って焦ってしまい、結果的に「チキン利確」になります。

チキン利確はFXトレーダーの大きな壁

チキン利確は、FXトレーダーなら必ず一度は通る道だと思いますが、プロスペクト理論で証明されているように、『人間の本能』が原因になっているので、「チキン利確」の克服は難しいです。

チキン利確は無理に克服しなくていい

チキン利確を克服できれば、誰でも損小利大のトレードができます。
でも、人間の本能なので、ぶっちゃけ克服は無理です。

なので、利益が乗ったらどんどん利食いするのが、メンタル的にも楽かと。
利食いができているってことは、お金が減っているわけではないですからね。

プロスペクト理論が克服できずに困っているのであれば、どんどん利食いして細かい利益を積み上げていく『スキャルピング』がおすすめです。


スキャルピングをやるのであれば、含み益を伸ばすよりも、ひたすら勝率を上げることに特化しましょう。

利を伸ばすに越したことはない

スキャルピング型の細かい利食いでも良いですが、やっぱり1トレードの利を伸ばすに越したことはないですね。
ただし、利を伸ばすには我慢が必要です

含み益が半分になった…さっき利食いしておけば良かった…

なんて経験は誰にでもありますよね。


減っていく含み益を眺めるのはかなりキツイので、エントリーしたら「指値(利食い)」か「逆指値(損切り)」に引っかかるまでチャートを見ないのもアリかと。

スマホアプリの機能で、注文が約定するとメールを送ってくれる機能があります。
ビビッて利確する癖がある人は、メールが届くまでチャートを見ないようにするのが効果的だと思います。

リスクリワードの考え方

リスクリワードとは、「損切り幅」と「利確の幅」の比率のことです

損切りが10pips、利確が20pipsであれば、リスクリワードは1:2になります

利確の比率が大きければ大きいほど、損小利大のトレードといえます。

トレード前の計画が大切

含み益をなるべく伸ばすトレードを目指すのであれば、トレード前に戦略を立てる必要があります。

・損切りまでのpips
・利食いまでのpips

この2つをエントリー前に測定して、リスクリワードが良い場所だけトレードするように心がけてみてください。
最低でも、リスクリワード1:2くらいはほしいですね。仮に2連敗しても、1回の勝ちで取り戻せます。

逆に、計画なしのトレードだと、行き当たりばったりのトレードになってしまうので、結局「チキン利確」になりがちです。

利食いは自分との闘い

  • 確実性を求める理性
  • 爆益を求める欲望

利食いはこの2つの戦いです。

結果的に資金が増えればいい

「チキン利確」は悪者のように見えますが、トータルプラスで終えられれば、チキン利確でもOKです。
なぜなら、お金が増えているから。

FXトレーダーの90%が負けていると言われていますが、負けた金額よりも、勝った金額が多ければ、それだけで上位10%の勝ち組トレーダーの仲間入りなのです。

『利食い』が上手くなるFXトレード方法


では、具体的に上位10%の勝ち組トレーダーになるにはどうしたらよいのか解説していきます。

  • 大勝ちを諦めて、細かい利食いを重ねてメンタルの安定をとる ⇒ スキャルピング
  • メンタル面で我慢して、1トレードで大勝ちを狙う ⇒ デイトレ、スイング



どちらを選んでも良いですが、「トータルでプラスにすること」を忘れないようにしましょう。

王道は『トレンドフォロー型』の損小利大トレード


トレンドはいわゆる『ボーナスタイム』です。



相場全体の3割しか出現しませんが、うまくトレンドに乗せることができれば大勝ちできます。
ただし、相場の3割しか出現しない=勝率が悪いです。

トレンドフォローを狙うなら、「伸ばす」ことが大原則

含み益は徹底的に伸ばす

これがトレンドフォローの大原則です。
勝率が悪い代わりに、1トレードの利益を伸ばしてトータルプラスにするのが基本です。

なので、トレンドフォロー型トレードを目指すのであれば、「チキン利確」は克服しないといけません。
勝率が悪いのにチキン利確をしていては、資金は減るだけです。このことを理解しておきましょう。

エントリー後の環境認識

トレンドフォロー型のトレードで利益を伸ばすのであれば、含み益が乗ったら「環境認識」をしましょう。
目的は、「どこまで伸ばせるか?」を見極めるためです。

例えば、ロング方向にエントリーした場合は

  • 上位足も上昇トレンドになりそうか?
  • 強力なレジスタンスラインが待ち構えていないか?
  • 対抗してくるショート注文はどのあたりにいるか?
  • トレンドは序盤なのか?それとも終盤なのか?



などなど。
1pipsでも利益を伸ばせる方法がないかを探しましょう。

含み益の伸ばし方


大事なのが「わずかな根拠で利食いを決めないこと」です。
たとえば、

・下位足で引ける水平線が待ち構えている
・ロウソク足の動きが弱気にみえる

などなど、意識しているトレーダーが少ない根拠は無視してしまいましょう。

含み益を伸ばしたいなら、

自分が反対方向にエントリーするなら、どこでエントリーするか?

を考えてみてください。
自分が反対方向にエントリーする場所が、最初の利食い候補となります。

下位足は見ない

下位足はノイズだらけなので、エントリー後は見ないようにしましょう。
戻ってくるロウソク足の一挙一動にハラハラするだけなので、メンタルがすり減らされます。

1時間足をみてエントリーしたのであれば、1時間足よりも下位足は見ないようにします。
むしろ、4時間足などの上位足を見るようにして、上位足が味方についてくれるまで待つのがおすすめです。

目線を上位足に向けることで、自然とホールドするようになります。

ピラミッティングも考える

上位足を見ていると、知らないうちに再度エントリーパターンがでることがあります。
4時間足で上昇トレンドであれば、1時間足では綺麗な押し目を形成していることが良くありますね。

そんな時は思い切ってポジションを追加する「ピラミッティング」をやってみましょう。

トレンドは明確なサインがでるまで継続する



これは世界中のトレーダーが使っている「ダウ理論」の1つです。
トレンド中はどんどんポジションを積み上げて、1回のトレンドで爆益を獲るチャレンジをしてみましょう。

仮に逆行してしまっても、もともと含み益になっているので、±0になる前に全ポジション決済してしまえば、少なくとも負けることは無くなります。


その時は、また次のチャンスを探しましょう。

トレードシナリオを立てる

ブレないトレードをするには、シナリオをきっちりと立てましょう。

で、実際のトレードで「答え合わせ」をするイメージです。
正解が多くなってきたら、自分のトレードに自信が持てるようになりますよ。

シナリオが外れてもいい

トレードシナリオが外れても気にしなくていいです。
むしろ、当たる方が珍しいくらいですね。

大切なのは「シナリオが外れたときに、どう対処するか?」を考えることです。

良い方向にシナリオが外れる ⇒ そのままポジションホールド(伸ばす)

悪い方向にシナリオが外れる ⇒ 損切りする



自分を信じること

稼いでいるトレーダーは、自分のトレードを信じています。


Twitterを見ていると、

「104.00で利確!」
「反対勢力が強くなりそうだからそろそろ利確した方がいい」


のようなツイートを見る機会があると思います。
(私もよくツイートしています)

そのツイートを信じてマネしてもいいと思いますが、自分のお金を賭けているなら、最終的には自分の考えを優先するべきかと。

利食いも、自分が立てたトレード戦略に沿って実行してみてください。
ほとんどの場合で、「ここまで伸びたらいいなぁ」ってところまで伸びていませんか?

自分を信じること

FXで成功するなら、これに尽きると思います。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>相場の”声”を聞いてみませんか?

相場の”声”を聞いてみませんか?