【FXトレード日記/2020年5月20日】

こんにちは。みなみです。

しばらくトレード日記さぼっていました…

楽しみにしてくれていた方、すみません…

2020年5月20日のトレード結果を報告します。

スポンサーリンク

トレード結果報告

  • 取引時間帯:9:50~18:30
  • 取引通貨:USD/JPY
  • 戦績:1戦 1勝0敗
  • 損益pips:30pips
  • 勝率:100%

トレード振り返り

トレードしたのは、ドル円で、1トレードのみでした。

エントリー根拠

  • RCIが3本とも上端付近に到達
  • 強めの陽線1本に対して、フォローの陽線がでなかった
  • 時刻が9時55分で、ゴトー日の仲値決め前の下落の可能性大
  • 壁となっている108.00付近

と、エントリー根拠が複数ありました。

もう1発伸びる可能性もあったので、試し玉で1本エントリー

その後フォローの陽線がでなかったので、仲値前にもう1本エントリーし、本ロットでのエントリーになりました。

損切りは、高値更新+108.00壁越えに設定。

利確指値は、1時間足レベルでのWトップネックラインになりそうな107.680に設定しました。

試し玉エントリーして若干高値更新しましたが、上ヒゲで終わったためトレンド転換を確信しホールド。

すんなりと落ちてくれたため、建値に逆指値を置き、負けを無くしました。

ずっとチキン利確が続いていたので、脱チキン利確のためにチャートを閉じます。

で、15:30頃にもう一度チャートをみると、約20pipsの含み益がでていました。

我ながら、よく我慢したと思います(笑)

1時間足のRCI短期も下向いていたため、「もう少し伸びるかな?」と考え、指値を107.500まで下げます。

ただ、17:00の節目でWボトムを作っているようにみえ、利確の買い注文が入ってしまうかもしれないと想定し、陰線途中で成り行き決済しました。

良かった点

  • エントリー時に複数の根拠があることに気づけた
  • 我慢してホールドできた
  • 通貨強弱でもドルが弱かったので、通貨選びが合っていた(結果論)

悪かった点

  • 1時間足RCI短期も下向いていたので、もっとホールドできたかも。結果的に107.350まで落ちている。
  • 少ない根拠で利確してしまった

次回のトレード戦略

ポンド/ドル、ポンド円ともに1時間足レベルで下降トレンド気味ですね。
5分足でタイミングみながら、戻り売りを狙っていきます。

オーバーシュートした時に、ロウソク足先で利確するのが吉かと。

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

TwitterでもFXトレードについての情報を発信していきますので、ぜひフォローをお願いいたします。

P.S 私のトレード手法について

私のトレード手法を以下の記事で詳しく紹介しています。

興味があれば読んでみてください。

トレード手法

「何を根拠にしてトレードをすれば良いのか分からない」「いろいろな手法がありすぎて、どれを選んだら良いのか分からない」「実践している手法でなかなか勝率が上がらない」そんなお悩みをお持ちの方へ、私のトレード手法を公開し[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>相場の”声”を聞いてみませんか?

相場の”声”を聞いてみませんか?