【三平式RCIトレード手法・トレード日記】2020年3月20日

2020年3月20日のトレード結果報告です

スポンサーリンク

トレード結果報告

  • 取引時間帯:16:00~18:00
  • 取引通貨:USD/JPY
  • 取引数: 1戦1勝
  • 損益pips:+65pips
  • 勝率:100%

トレード振り返り

チャートを開いたのは14時頃でした。
三平式RCIトレード手法にある教科書通りのエントリーポイントを探しましたが、なかなか見つかりませんでした。
最近の高ボラティリティのため、ポンド系は値幅が大きすぎて手を出せません。(ビビりです)
比較的素直に動く、USD/JPYでエントリーポイントを探すことにしました。

エントリーポイント・決済ポイント

画面中央の白〇部分でファーストエントリーしました。
トレンド転換を狙ってエントリーしましたが、そのまま安値を下回ってしまい下落トレンドが継続となりました。

安値を下割れした時に、損切をするか迷いましたが、RCIを信じてホールド&ナンピンで立ち回ることとしました。
RCIを見つつナンピンポイントを探します。
下落の勢いが弱まったことを確認して、ナンピンエントリー。
三平師匠のツイートでよく見る形だと判断しました。

今回は綺麗にナンピンが決まりました。
スルスルと価格は上昇して、あっという間に±0に。
逃げ決済するか迷いましたが、まだ上昇しそうだったのでホールド。
最初のエントリーポジションがプラテンしたのを確認して全決済しました。

良かった点

ナンピンするか迷いましたが、ナンピンを実行できたこと。
長い時間マイナスで耐えることがなかったので、メンタルが楽だった。

悪かった点

ファーストエントリー位置が悪い。
長期足の環境認識ができていなかった。

次回のトレード戦略

ユーロ系が盛り返してきたように見えます。
重要なラインを上回るようなら、ユーロ系はロング目線で攻めようと思います。

番外

今回の取引についてのツイートを三平師匠にリツイートしていただきました。

まだRCIトレードを開始してから半年も経っていませんが、勝率がだんだん上がってきており、週単位では負けないようになりました。
慣れてきた頃に独自の解釈でトレードしてしまいがちなので、教科書を何度も読み直して、脳みそに焼き付けたいと思います。

三平式RCIを主軸にしたトレード手法

筆者のトレード手法公開

「何を根拠にしてトレードをすれば良いのか分からない」「いろいろな手法がありすぎて、どれを選んだら良いのか分からない」「実践している手法でなかなか勝率が上がらない」そんなお悩みをお持ちの方へ、私のトレード手法を公開し[…]

RCIをMT4に表示させたい方へ

MT4にRCIを表示させる方法

MT4には、標準でRCIが実装されていません。個別でインジケーターを入れる必要がありますので、今回はその手順を紹介します。MT4にRCIを表示させる方法はいくつかありますが、今回紹介する方法がいちばん簡単だと思います。 […]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>相場の”声”を聞いてみませんか?

相場の”声”を聞いてみませんか?